電子タバコの仕組みとは?

電子タバコとは従来型の紙巻きたばことは違ってたばこの草を燃やすのではなく、電気でリキッドを揮発させることによって成分が出るようにしてあるたばこです。紙巻きたばこと同じようにして口にくわえて吸うことができる設計になっています。ただ、たばこの草を燃やしているわけではないので、口元で燃やしたことによる有害物質が発生しないことが知られています。

健康重視で生まれたものなの?

紙巻きたばこは健康にあまり良くないことがよく知られるようになりました。電子タバコはたばこを吸いたいけれど健康の問題があるから困ってしまうという人のために生まれたものなのでしょうか。現実的には開発意図として紙巻きたばこをやめたい人のためのツールとするというものでした。しかし、それだけでは十分な商品価値がないという考えも広まり、紙巻きたばことは違う嗜好品としての価値を見出してもらえるように開発が進められてきました。その結果として使用するリキッドのバリエーションが豊かになり、紙巻きたばこでは楽しめないフレーバーを満喫できるようになっています。紙巻きたばこを好まなかった人も電子タバコを楽しむようになっていることも少なくありません。

健康重視かどうかという点についても、ニコチンと呼ばれる有害性が指摘されている成分は入っているリキッドもあれば入っていないリキッドもあります。健康面を重視して紙巻きたばこから電子タバコに切り替えたいという人はどういうリキッドを使うかをよく考えて選ばなければならないと覚えておきましょう。

ニコチンリキッドは電子タバコに使われるもので、タールなどの有害物質が含まれていません。国内では薬事法で禁止されているため、個人輸入をするのが一般的です。